好きな漫画家は?と聞かれれば、間違いなく西岸良平を真っ先にあげます。
数年前に映画化された【三丁目の夕日】の原作者です。

昭和30年代を舞台にしていますが、ちょうど私も30年代生まれで、登場してくる駄菓子・おもちゃ・食事風景・遊びなどを見ていると、昔を懐かしく思い出します。

若い人にとっては【そんな時代もあったのか】でしょうが、私にとっては【そんな時代があったんだ!】です。

しかし、何よりも感心するのは彼の記憶力です。
私などはすっかり忘れている駄菓子の名前やテレビ番組などを、これでもかというぐらいに漫画の中に登場させています。

彼の紹介文などを読むと【多趣味な人】と評されていますが、それも肯けます。
三丁目の夕日は漫画には違いないですが、ある意味歴史的な史料と言って良いかもしれません。

登場人物の描き方も上手いと思います。
子供を描く時には、ただ天真爛漫な面だけではなく、誰もが必ず持っている子供特有のずる賢さもちゃんと取り入れています。
くたびれた大人たちが醸し出す悲哀も随所に登場します。

映画を見て面白かったという人はぜひ原作も読んでほしい、と西岸ファンの私は願っています。

おすすめ漫画:僕らはヤりまくる、気持ちいいから。青水庵・笹森トモエのエロい子作り漫画。
↓↓↓
僕らはヤりまくる、気持ちいいから。無料立ち読み漫画・画像|青水庵

スラムダンクで有名な井上雄彦さんの漫画「リアル」がおすすめです。

漫画本は年に1回程度しか新巻が出ないため話がなかなか進みませんが、1冊の内容が濃いです。

元々陸上競技の選手だったが病気になり、その後いろいろとあり車椅子バスケの選手になった人。

高校生活がうまくいかずバイク事故でナンパして載せていた子を歩けなくさせてしまったバスケ好きの人。

その事故の被害者の人。

他にも様々な登場人物が出てきます。

病気や事故が描かれることもあり重たい内容が含まれますが、登場人物ひとりひとりの葛藤がまたリアルで考えさせられる漫画です。

病気や事故による障害がない人にもぶつかる壁があり、むしろ障害を追ってしまった人の方が前向きに進んでいる様子を見て無力者を感じる健常者の葛藤も実に考え深いです。

何かを目指していた人、努力したけど報われなかったと思っている人、世の中に理不尽を強く感じて頑張るのに疲れている人などに読んでいただけると心に突き刺さるものがあるかもしれません。

特殊能力や魔法、主人公が現実では考えられないリア充、そんな漫画が多い気がしますが、この漫画の魅力はリアルを考えさせられる点にあるかと思います。

週刊ヤングジャンプ、集英社、2016年12月現在14巻まで発売されています。

■おすすめ漫画
人妻とNTR下見旅行 (人妻と寝取られ温泉下見旅行)

あらくれが描く人妻寝取られ漫画。温泉宿で町内会長のおっさんとNTRSEX!

人妻とntr下見旅行 無料立ち読み・画像