僕は普段あまり漫画を読むことはないのですが、あだち充先生の描いた漫画は好んで読んでいます。

一番の代表作としてはアニメ化もされ未だに語り継がれている名作『タッチ』をあげられる方が多いと思いますが、僕は断然『H2』をお薦めします。

『タッチ』同様、甲子園を目指す高校球児を描いた物語なのですが、野球を通じて青春を上手に描いてくれるのがあだち充作品の醍醐味。

もちろん『タッチ』も読ませて頂いたのですが、野球漫画としても青春漫画としても『タッチ』のクオリティーを遥かに凌いでいると感じました。

男子が憧れる“男”の在り方を漫画を通じて学んでいるような気になるほど、僕にとって最高の作品でした。

日常の中にある物語であるからこそのリアリティー、思春期だからこその行動や言動、若すぎるが故の過ち。

全体を通して優しさに溢れているように感じるので、ドキドキしながらもどこか安心して読める作品。

まさにこれこそが、あだち充ワールドなのだと思わされる作品であります。

あとは、チンジャオ娘の作品が好きなんで、新作のビッチ!?が田舎にやってきたは、エロくて抜けました。

ビッチ!?が田舎にやってきた 無料で立ち読みから読んでみるといいですよ。

大人になった今でも忘れれない漫画があります。

それは小学生の時に読んだ『スラムダンク』です。

バスケットブームの立役者で、自分自身も『スラムダンク』を読んでバスケットを始めました。

小学校からバスケットを始め、大学生まで続けました。

『スラムダンク』に出会ってバスケット部に入らなければ現在まで続いていいる友人とも出会わない可能性もありましたし
自分の人生も大きく違ったものになっていると思います。

『スラムダンク』に出会いバスケットが好きになり、さらにスポーツが好きになって大人になった今でもバスケットの試合やスポーツも
よく観戦します。

さらに言えば、現在の仕事もバスケット部のOBの紹介で入りましたのでこちらも『スラムダンク』に繋がってきます。

『スラムダンク』を読んでいなかったら自分の人生はどの様になっていたのかと最近良く考える様になりました。

それはそれでまた別の人生があるのでしょうが。

しかし思い返しても『スラムダンク』に出会えてよかったと思います。

大人になってから、寝取られ漫画にもハマりました。

最近だと、あらくれ 漫画の人妻とNTR下見旅行が良かったですねl

寝取り相手の会長とのセックスに溺れていく人妻の姿にゾクゾクしました。