西岸良平の漫画が大好き

好きな漫画家は?と聞かれれば、間違いなく西岸良平を真っ先にあげます。
数年前に映画化された【三丁目の夕日】の原作者です。

昭和30年代を舞台にしていますが、ちょうど私も30年代生まれで、登場してくる駄菓子・おもちゃ・食事風景・遊びなどを見ていると、昔を懐かしく思い出します。

若い人にとっては【そんな時代もあったのか】でしょうが、私にとっては【そんな時代があったんだ!】です。

しかし、何よりも感心するのは彼の記憶力です。
私などはすっかり忘れている駄菓子の名前やテレビ番組などを、これでもかというぐらいに漫画の中に登場させています。

彼の紹介文などを読むと【多趣味な人】と評されていますが、それも肯けます。
三丁目の夕日は漫画には違いないですが、ある意味歴史的な史料と言って良いかもしれません。

登場人物の描き方も上手いと思います。
子供を描く時には、ただ天真爛漫な面だけではなく、誰もが必ず持っている子供特有のずる賢さもちゃんと取り入れています。
くたびれた大人たちが醸し出す悲哀も随所に登場します。

映画を見て面白かったという人はぜひ原作も読んでほしい、と西岸ファンの私は願っています。

おすすめ漫画:僕らはヤりまくる、気持ちいいから。青水庵・笹森トモエのエロい子作り漫画。
↓↓↓
僕らはヤりまくる、気持ちいいから。無料立ち読み漫画・画像|青水庵